無料ブログはココログ

« 給料の未払いにご注意 | トップページ | 会社を辞める時のいろいろなトラブル »

2015年5月19日 (火)

過労死に関する最近の労災認定事例

報道によると、今年の3月に、心疾患で死亡した男性について、過労死として労災認定した事例があったということです。

この事例がなぜニュースになるのかといいますと、この男性が、裁量労働制で勤務していたためです。

裁量労働制では、実際の労働時間にかかわらず、あらかじめ定めた一定の時間を労働時間とみなして賃金を計算する仕組みです。
(裁量労働制について、詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
http://rousaibengo.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-a337.html)

この裁量労働制は、労働基準法上の労働時間規制や賃金の関係で、一定時間を労働時間とみなすものにすぎず、労災認定における長時間労働の判断においては、実際の労働時間が基準とされることはいうまでもありません。

しかし、裁量労働制の労働者については、会社に、実際の労働時間に関する正確な記録がなく、労働時間を証明することが困難なことが多いのが実情といいます。

ところが、この事例では、男性が顧客にインターネットで発信していたリポートの発信記録や、同僚の証言をもとに、実際の労働時間を証明したということです。

ところで、今国会では、労基法上の労働時間規制を受けないホワイトカラー・エグゼンプション導入や、裁量労働制の対象拡大等を内容とする労基法改正案が議論される予定です。
反対論も強く、改正法が成立するのかどうかはまだ不透明です。

しかしいずれにしても、大事なポイントは、どのような制度のもとであっても、従業員の実際の労働時間・状況を正確に把握し、過重な負荷がかかっていないかどうか、従業員の健康に十分に配慮することが会社側には求められている、ということではないでしょうか。

(弁護士 佐藤 優樹)

労働問題のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央
法律事務所大地
http://www.lo-daichi.com/
ご相談受付は
  平日午前9:15~午後5:00は、043-225-0570まで。
  平日午後5時~午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043-221-1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

« 給料の未払いにご注意 | トップページ | 会社を辞める時のいろいろなトラブル »

その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。