無料ブログはココログ

« ストレスチェック検査制度の導入について | トップページ | 過労死に関する最近の労災認定事例 »

2015年5月 7日 (木)

給料の未払いにご注意

 平成26年2月20日に,東京高等裁判所で,賃金の未払いに関し,次の様な判決が出ました。

 解雇無効と賃金の仮払いを認める決定が確定した後も賃金を支払わなかったことについて,会社代表者は,従業員に対し,慰謝料及び弁護士費用を支払う義務がある。慰謝料の額は20万円で,弁護士費用は2万円である,というものです。

 裁判所は,①仮払いの決定に基づく債権差押に際し,差押の対象とされた債権の発生原因となる原契約を解除したり,②債権が無いという虚偽の陳述書を裁判所に提出したり,③売掛金が会社の口座に入金されるとすぐに代表者の口座に送金したりしていることを考慮して,代表者には悪意があると判断しました。
 また,代表者は,従業員が賃金の仮払いを求めた事情を,その手続きの中で認識できたことから,仮払いに応じないことにより従業員に損害を与える結果となることを認識していたと判断しました。

 義務を果たさない場合は,遅延損害金を支払うことになるのは当然ですが,普通はそれ以上の責任を負わないものです。
 しかし,賃金という,従業員の生活に直結する義務を果たさない場合には,その態様によっては慰謝料の支払義務が発生するということを裁判所が認めたと考えられます。もっとも,今回のケースは,強制執行を免れるために色々なことをしていて,単なる不履行とは言えないものだとは思います。
 今回は,賃金の仮払いの決定が出ているというケースですが,そうでない場合であっても,悪質な不払いについては,もしかしたら慰謝料等を支払う必要が出てくるかもしれませんので,賃金の未払いには注意された方が良いかと思います。

 なお,賃金の未払いについての遅延損害金は年6%ですが,従業員が退職した場合には,年14.6%となりますので,この点にも注意が必要です。

(弁護士  髙 井 善 達)

労働問題のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区
法律事務所大地
http://www.lo-daichi.com/
ご相談受付は
  平日午前9:15~午後5:00は、043-225-0570まで。
  平日午後5時~午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043-221-1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************


« ストレスチェック検査制度の導入について | トップページ | 過労死に関する最近の労災認定事例 »

その他」カテゴリの記事