無料ブログはココログ

« 会社を辞める時のいろいろなトラブル | トップページ

2016年11月20日 (日)

うつ病などの労災認定

 工場に勤めている労働者が職場での作業中にけがをした場合、労災保険を請求することができるということはみなさんご存じだと思います。
 それでは、長時間労働・職場でのハラスメントなどが原因で、うつ病などの精神疾患になった場合、労災保険を請求することができるのでしょうか。
 
 正解は、「できます(要件を満たせば)」。


 この点については、厚生労働省が基準を定めています(厚生労働省のホームページからみることができます。)。
(認められるケース1)
 発病直前1ヶ月に160時間以上の時間外労働、発病直前3週間に120時間以上の時間外労働の場合です。時間外労働とは、週40時間以上の労働を言いますので、合計労働時間は160~200時間です。毎日コンスタントに8時間残業(=日付が変わるまで仕事)するか、土日も休まずに仕事をしている人が想定されます。
(認められるケース2)
 発病直前2ヶ月間連続して1ヶ月あたり120時間以上の時間外労働、発症直前3ヶ月間連続して1ヶ月あたり100時間以上の時間外労働の場合は労災として認定されます。土日休む場合には、2~3ヶ月間、毎日5~6時間の残業をしている人が想定されます。
(認められるかもしれないケース3)
 月100時間程度の時間外労働の場合(例:毎日5時間の残業が3月・5月・7月にあった場合など)、その他の出来事(例:ハラスメント、転勤等)ともあわせて労災かどうか判断されます。必ず労災と認定されるわけではありません。


 ケース1やケース2で、しっかりした残業の証拠(例:タイムカード等)があれば、うつ病などの精神疾患が労災として認められます。


 難しいのはケース3です。忙しい時期(例3月、5月、7月の隔月)しか、月100時間の残業をしていないという場合は、その他、仕事の負担を考慮し、労災か否かが判断されます。「その他、仕事の負担が強かった」という証拠、例えば、上司にセクハラやパワハラを受けていた、部署の命運を左右する大きいプロジェクトを任されていたなどの有力な証拠をどれだけ多く提出できるかが勝負となります。しかし、この「その他、仕事の負担が強かった」ことを示す効果的な証拠を自分で用意するのはなかなか難しいものです。
 また、一見、労災認定が容易そうなケース1やケース2についても、しっかりした残業の証拠がないということが多々あります。そのような場合には、パソコンのログイン記録や手帳の記録など様々な証拠を集めて残業時間を主張します。このような場合にもなかなか効果的な証拠を自分で用意するのは難しいでしょう。


 先日、大手広告会社の電通に勤務していた女性新入社員が、過重労働が理由で自殺した件が労災と認定されました。この件に関して、1ヶ月間の時間外労働が約105時間であったという報道がありました。時間外労働が100時間を超えるということは、それほど珍しい事ではないのかもしれません。体調不良が続いていて、うつ病と診断された方は、自分の残業時間を1度確認してみても良いかもしれません。


 もしかして?と思う方は、一度、自分の残業時間を確認してください。そして、ケース3にあたるような場合、ケース1やケース2でもしっかりした証拠がない場合は、自分の権利を守るために専門家の助けが必要です。このようなことでお困りの場合は、一度弁護士に相談ください。

(弁護士 井川夏実)

労働問題のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央
法律事務所大地
http://www.lo-daichi.com/
ご相談受付は
  平日午前9:15~午後5:00は、043-225-0570まで。
  平日午後5時~午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043-221-1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************


« 会社を辞める時のいろいろなトラブル | トップページ

その他」カテゴリの記事